スタートアップ企業のオフィス移転

subpage1

スタートアップ企業は猫の目のように目まぐるしく環境が変化していきます。
そのため、業績が伸びていくとあっという間に働きスタッフの数が増加し現在のオフィスでは手狭になってしまうのでオフィス移転の必要性に迫られます。


スタートアップ企業は起業して間もない頃は資金が乏しいので都心部ではなく郊外に存在し、マンションの一室という事もあります。


そこで、オフィス移転の際には立地条件が好ましい場所を望む傾向にありますが、実際に探し始めるとあまりにも家賃が高額である事を知り断念してしまう事が多いです。

しかし、高額な家賃に目を瞑りアクセスしやすい場所にオフィス移転すると支出を上回るメリットがあります。まず、駅に近くてアクセスが良い場所はスタッフの満足感が高いのでお仕事に対する姿勢も変化します。

NAVERまとめについて補足説明いたします。

賃料を安く済ませる事ばかりに目を向けてしまい、通いにくい場所にオフィス移転するとスタッフが通いにくくなるので到着した頃には体力消耗してしまいお仕事へのやる気が無くなってしまいます。



こうした点はクライアントに対しても言う事ができ、通い慣れているはずの従業員でさえ疲れてしまう道のりはクライアントの方にとってはとても苦しいものです。
取引先の方も訪れにくい場合は足が遠のいてしまい、結果的に取引が無くなってしまう可能性すらあります。
このような点から、オフィス移転については建物までの経路を甘く見ないようにする事が重要になります。

オフィスレイアウトに関する情報に追加しています。

意外な真実

subpage2

オフィス移転を行う場合には、現オフィスの解約手続きや新オフィスに関する契約、また、各種官公庁などへの手続きなど様々なものがありますが、業者への委託が必要となるものもあります。委託が必要となるもとしては、現オフィスの原状復帰や新オフィスの改装に伴う、いわゆる工事関係に関するもの、不要になったものを処分する場合に委託をする産廃に関するもの、そして、引越し時に依頼をする引越し業者関係があります。...

next

最新考察

subpage3

オフィス移転は会社の引越しであり、一般的には新しいオフィスを見つけた後に引越会社を選び、引越を行うと言った会社の中だけで完結させるものであり、引越作業などについては引越業者に依頼をするものの、オフィス内のレイアウトを作り出す事や、必要なオフィス家具の購入手配や不要になった机や椅子、棚などの廃棄処分、そして現在利用しているオフィスの原状回復手配などを全て自らが行うことになります。しかし、オフィス移転を手掛ける業者の場合は、これらの業務を全て代行してくれます。...

next

オフィスの特徴

subpage4

会社では社員を採用したり組織変更などでオフィスのレイアウトを変更しなければならないことはよくあります。毎日仕事をしながらオフィスレイアウトを変更するのは結構大変な作業でもあります。...

next

オフィスの話

subpage5

オフィス移転は机やキャビネット、備品などの移動に手間と費用がかかるということであまり前向きに考えていないところもあります。しかしただ物理的な要因で移動するということだけでなく、オフィス移転を行うことのメリットがあるのです。...

next